ねずみのいない環境に

女性

ねずみを知ろう

ねずみの被害が発生したときに、どのような方法で対処するかは、ねずみに対する知識の有無によってずいぶん変わってきます。一般的に日本で見かけるねずみにも種類があり、それぞれ大きさ、好きな食べ物、住処、生活スタイルが違っているのです。その残された痕跡を基に、種類を絞り込んで、それぞれに合わせた対策をとることで大きな成果を出すことができるのです。床を這いまわるタイプ、高所を簡単に伝って侵入してくるタイプなどがいるため、それを糞、毛、足跡などを利用して特定するのです。こういったことは、ねずみ駆除業者が行っている方法であることから、効果は絶大なものを持っています。現在、こういった情報は、インターネットで検索することで、ある程度は対応できます。

無理せず専門業者に

しかしながら、おおよそのねずみの種類を特定してから、捕獲するためにはそれなりの装置を準備する必要があります。簡単なものでは粘着板で、クマネズミ、ドブネズミといった大型種でも複数枚使用することが捕獲できるようになっています。ただし、一度板があることを学習すると、ねずみ駆除は難しくなることから、設置場所を何度も変えていくことがコツといえます。その他のねずみ駆除方法としては、毒餌の設置がありますが、都市部では薬の効かないスーパーラットと呼ばれるものも存在することから、粘着板との併用が無難です。どちらにしても、何度もチャレンジして捕獲できない時は、被害が拡大する前にねずみ駆除専門業者に相談することです。ねずみが住みにくい環境の提案をしてくれるため、新たなねずみ被害に怯えることなく、安心して暮らすことができます。